会頭メッセージ


ごあいさつ

小山商工会議所 会頭 大森武男



昨年中は小山商工会議所の運営に特段のご支援・ご協力を賜りました。心より感謝と御礼を申し上げます。

令和2年はコロナに明け、コロナに閉じた一年でした。2019年末、中国武漢で発生した新型ウイルス感染症は瞬く間に世界中に拡大し、各国が入国・出国制限措置を取るなど人の流れを遮断する中、国内においても緊急事態宣言発令による都道府県間の移動禁止や行動自粛要請が行われ、三密を避けるなどの感染防止対策が取られてきました。これら一連の対策はヒトとモノとの流れを止め、我が国経済に甚大な被害を与えています。特に地域経済を担う9割を超える中小企業経営は深刻な状況に陥っています。

政府は中小企業対策として、持続化給付金の交付、休業補償・家賃支援給付金、GoToトラベル・イートの実施などの措置がとられてきました。会員事業所の皆様には無担保・無利子融資や雇用調整助成金、各種給付金等の緊急経済対策を活用し事業継続・雇用維持に取り組んで頂ければと思っています。

日本商工会議所では昨年12月、新型コロナ克服に向けた新たな経済政策に関する意見を政府に要望しています。

中小企業の事業継続とポストコロナを見据えたビジネス変革への支援

Ⅰ 中小・小規模事業者の事業継続、雇用維持への支援
⑴事業継続への支援継続と拡充
イ.コロナによる影響が大きい飲食業、小売業、宿泊業、交通事業者に対する集中支援。
ロ.さらなる金融支援(既往債務の条件変更に対する配慮、前向きな追加融資等)。
ハ.納税猶予や社会保険料の納付猶予の特例を受けた企業に対する柔軟な対応。
ニ.感染拡大状況に応じ、エリアと業種を絞った持続化給付金、家賃支援給付金などの措置等。

⑵雇用維持への支援継続と拡充
イ.雇用調整助成金の特例措置延長と財源の国費負担化。
ロ.雇用吸収力のある産業や成長分野への「失業なき労働移動」の促進等。

Ⅱ ポストコロナを見据えた中小・中堅企業等の構造変化への取組み支援
⑴中小・中堅企業のビジネス変革等への支援
イ.デジタル活用による新事業展開、販路拡大等ビジネスイノベーション支援。
ロ.事業再構築・業種転換等に挑戦する中小企業への支援(中小企業生産性革命推進事業の拡充)。
ハ.中小企業の変化への対応を後押しする税制措置の延長・拡充。
ニ.事業承継・引き継ぎ、経営資源集約化(M&A等)、事業再生への支援の強化等。

⑵中小企業の生産性向上に資するデジタル実装支援
イ.バックオフィス業務や企業間取引等におけるデジタル実装支援(IT導入補助金の拡充等)。
ロ.中小企業の経営実態を踏まえてデジタル支援できる専門人材の育成支援等。

⑶中小企業の付加価値創出に向けた環境整備
イ.「パートナーシップ構築宣言」企業数の拡大、宣言企業へのインセンティブの付与。
ロ.経営相談体制強化事業の延長・拡充、商工会議所などの経営相談体制の強化等。

何れの意見も中小企業にとって不可欠なものです。全国515商工会議所一丸となって実現を期してまいります。

昨年末になり感染者も急増し第3波の到来と言われています。国内の感染者も24万人、死亡者3600人と増え続けています。一方、医薬先進国によるワクチン認可の報道もなされています。

小山商工会議所は如何なる状況下にありながらも会員事業所が抱える課題解決のため、ウイズコロナの感染対策と経済活動の両立を図りながらポストコロナに期待と夢を描き、会議所の運営を進めてまいりますので、本年も変わらぬご支援を賜ります様お願い申し上げます。

天気予報

駐車場のご案内について

当所では、約40台ほどの駐車場スペースがございますが、 会場利用の状況などにより、混み合う事がございます。 会場利用のお客様につきましては、自動車の乗り合いや、 公共交通機関の利用にご協力をよろしくお願いいたします。 map
ページトップ