会頭メッセージ


ごあいさつ

大森会頭

小山商工会議所  会頭 大森武男



日頃より、小山商工会議所の運営に特段のご支援、ご協力を賜わり、厚く御礼申し上げます。

昨年10月、関東・東北を直撃した台風19号は、栃木県に甚大な被害をもたらしました。

小山市においても400棟を超す床上浸水が報告されています。今なおご不自由をしいられている被災地域住民、事業者の皆様に心からお見舞い申し上げると共に、一日も早い復旧・復興をお祈りいたします。

昨年は、平成から令和へと元号が変わり、平成30年間の総括と新しい時代を創造する一年でありました。私は昨年11月1日の第29期議員総会において会頭に推挙され、3期目の重責を担うことになりました。初心に帰り、会員企業の活力強化と地域の活性化を目標に据え、会議所運営に尽力してまいる所存ですのでご協力賜ります様、お願い申し上げます。

現在、頻発する大規模自然災害、深刻さを増す環境問題等、地球規模の課題も山積しており、長期化が懸念される米中対立、先の見えない東アジア情勢等、世界は不確実性を増しています。

一方、国内では人口減少・少子高齢化の進展に伴い、中小企業においては働き手不足、後継者不在による廃業等に直面しています。本年も引き続き会員事業所への経営支援強化を図り、継続可能ならしめる施策について共に取り組んで参る所存です。

経済産業省では2020年度概算要求における中小企業対策費として以下の5つ重点項目で予算を計上しています。

【重点項目1】
事業承継・再編・創業による新陳代謝の促進(事業承継・世代交代集中支援事業、中小企業信用補完制度関連補助・出資事業)
【重点項目2】
生産性向上・デジタル化・働き方改革(ものづくり・商業・サービス高度連携事業、共創型サービスIT連携支援事業、AI人材連携による中小企業課題解決促進事業)
【重点項目3】
地域の稼ぐ力の強化・インバウンドの拡大(地域未来投資促進事業・JAPANブランド育成支援事業)
【重点項目4】
災害からの復旧・復興、強靭化(中小企業等強靭化対策)
【重点項目5】
経営の下支え、事業環境の整備(小規模企業対策推進事業、消費税転嫁状況監視・検査体制強化事業、中小企業取引対策事業)

会議所ではこれらの課題に取り組む事業所への経営支援を積極的に行っていきます。また、「キャッシュレス・ポイント還元制度」の対応としてセミナーを開催する他、Q Rコード事業者と連携しキャッシュレス推進に取り組んでいきます。プレミアム付き共通商品券事業についても令和2年度も引き続き実施を小山市に要望してまいります。

本年度は第32回東京2020オリンピック・パラリンピックが開催されます。206の国・地域から12000人の参加者が東京を訪れます。開催期間中の観戦インバウンドは1000万人と言われています。小山市にはナイジェリア選手団の憩いの場となる「ナイジェリアハウス」が島田の古民家に開設されています。開催中は選手や関係者が集い、市民との交流の場となります。小山を訪れる外国の方に市民挙げての「おもてなし」を差し上げたいと考えています。

昨年10月、当所青年部が中心となり各団体と協力したイベント、M―1プロジェクトオレンジハロウィンが御殿広場をメインに開催され親子連れなどが多彩な催しを楽しまれました。18時から小山第一小で行われたランタンフェスティバルは1000人を超える参加者のもと、400張りの提灯が空に舞い、幻想的な情景に参加者一同、感動のひと時に酔いしれました。

本年度は小山主幹の栃木県商工会議所連合会議員大会が小山で開催されます。親会・青年部・女性経営者会一丸となって地域の活性化に取り組んでまいりますので一層のご支援賜ります様お願い申し上げます。

天気予報

駐車場のご案内について

当所では、約40台ほどの駐車場スペースがございますが、 会場利用の状況などにより、混み合う事がございます。 会場利用のお客様につきましては、自動車の乗り合いや、 公共交通機関の利用にご協力をよろしくお願いいたします。 map
ページトップ