会頭メッセージ


新年度を迎えて

3か年の「中長期行動計画」を策定
~「会員ファースト」による事業を展開~


大森会頭

小山商工会議所  会頭 大森武男



わが国経済は、史上初となるマイナス金利政策が導入され、中国の成長減速懸念、イギリスのEU離脱選択、アメリカ大統領選挙など、内外の政治経済において、事前予想を覆す結果が立て続けに生じました。
世界的な「不確実性の時代」の到来と呼んでも差し支えない一年となりました。
本年はさらに、トランプ新政権の政策が不安定を助長させる可能性もあり、官民一体となりアベノミクスの成果を上げるために、粘り強い取り組みが必要であり、中小企業の成長の底上げと地方創生の実現が求められています。

そのような中、小山商工会議所は、経済・社会環境の変化に対応するため、今後の経済動向や会員ニーズなどに基づく「第1期中期行動計画(2017年4月から2020年3月)」を定め、新たな小山商工会議所の活動指針により、地域の総合経済団体として、会員企業の繁栄、栃木県南の中核都市「小山」の発展、地方創生による日本経済の発展繁栄の3つのミッションを活動理念とし、地域経済の源泉である小規模事業者には経営発達計画の推進による支援強化と地域経済を支える中小・中堅企業の活力強化を推進し、地方創生をめざします。

平成29年度事業は、中期行動計画の初年度であり、「会員ファースト」の考え方による基本方針に基づいた事業を展開します。

<基本方針>

1『会員企業の経営基盤強化』
 ~伴走型の企業支援をめざして~

2『地域活性化と中心市街地の賑わい創出』
~地域経済の活性化による県南中核都市をめざして~

3『会員サービスの拡充』
~会員ファースト運動の展開をめざして~

4『組織及び財政基盤の強化』
~強い組織づくり2019年2,500会員をめざして~

5『政策提言と実現に向けた活動の展開』
~一歩先んじた政策提言をめざして~

天気予報

駐車場のご案内について

当所では、約40台ほどの駐車場スペースがございますが、 会場利用の状況などにより、混み合う事がございます。 会場利用のお客様につきましては、自動車の乗り合いや、 公共交通機関の利用にご協力をよろしくお願いいたします。 map
ページトップ